Blog死と再生の蠍座新月

November 13, 2020by Mika0

2020年11月14日 09:07pm PT

日本時間 11月15日 02:07pm

蠍座新月を迎えます。

blue, red, and black smoke digital wallpaper

月が完全に光を失う少し前の新月へと向かっていく数日間は「終わりのタイミング」「手放すこと」を意識するときです。

そして、新月に月が生まれ変わり新たな始まりを迎えます。

古代から新月は月が太陽の光の中に消えて浄化される

一つのサイクルの終わりと始まりの象徴とされました。

 

「死と再生」

「トランスフォーメーション」

もともと古代エジプトでは太陽も再生や復活の象徴とされていました。

太陽神「ラー」は、朝に東から昇り、夕べに西の空へ沈んでいく、

一日のうちに死と再生を繰り返す不死の存在

black snake closeup photo

今回の蠍座新月の数日前に、この間逆行を終えたばかりの水星が蠍座へと後戻りをしました。

そして、蠍座の「死と再生」のテーマにより深いボイスを与えています。

今回の水星逆行、そして蠍座太陽シーズンの大きなテーマとなっている水星・天王星の対立関係によって、私たちを冥界の世界へと導くように普段深いところに潜んでいる真実と向き合うことを進めるような流れの中にあります。

※とくにネイタルチャートに牡牛座、蠍座、獅子座、水瓶座の9度付近にパーソナルな天体がある場合は直にその影響を感じたことでしょう。

(ネイタルチャートについて詳しく知りたい方は、初回星読みセッションをお勧めします。)

brown wood on black sand

さらに今回の蠍座新月前の天体模様は他の惑星の動きもかなり激しく目立っています。

新月の2日前の11/12に山羊座で木星と冥王星がぴったりと重なり、ある特定の部分に爆発的なエネルギーをもたらしました。

この木星・冥王星の爆発的なエネルギーはダムの決壊のように激しい動きがあり、これまで溜めていたものを吐き出すような流れ

インテンスで決して心地よい雰囲気ではないけど、かなり勢いのあるプッシュ

ちなみに、木星・冥王星が重なったのは今年3度目でこれが最後のトランジットでした。

今回の蠍座新月付は、この激しい木星・冥王星の合から調停関係を受けています。

この流れを味方につけて、今まで踏ん切りがつかなかった部分を手放したり、変化させたりするといいでしょう。

trees on fire

そして、今回の蠍座新月の前日11/13にようやく火星が約2か月間続いた逆行を終えます。

9/9から始まった牡羊座での火星逆行、

それは今年2020年を象徴する一つの大きなテーマである長期的な火星・土星との対立関係を強調させていました。

それがようやく終わりを迎える今、物事が少しずつ前に進む流れに入ります。

しかし、火星は来年1月まで逆行を始めた位置へと後戻りをする「逆行シャドウ」状態

まだまだ無理に物事を推し進めるのではなく慎重に確実さを狙っていく方がよさそうです。

Ishtar on an Akkadian seal.jpg

天と地を統治する女神イナンナは、ある日、冥界へと心を向けた。

そして、7つの門(試練)をくぐって冥界へと下り、そこで死を迎え、新たに生まれ変わって地上へと戻った。

今回の蠍座新月を迎えるにあたって、この古代シュメール女神イナンナの「冥界下り」の神話が象徴する「死と再生」の神秘的な力を感じています。

child and parent hands photography

一つのサイクルが「死」を迎える前、そして「再生」を迎えばかりの時は、サナギから出てきたばかりの蝶のように、まだとても柔らかく脆い状態です。

今はとても繊細なときなので、あなた自身に、周りの人たちに対して柔らかな心で接してくださいね。

 

蠍座新月のアファメーション

私は、一つのサイクルの

終わりを受け入れて、

新しく生まれ変わります。

 

 

 

それでは、素晴らしい蠍座新月を

New moon blessings!

with love and graditude,

MiKA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Follow Me

Follow Me

en_CAEN