Blog土星逆行と逆行シーズン

May 9, 2020by Mika0

 

さて、前々回のブログ記事「双子座金星と逆行シャドウ」で少し触れましたが、
先月に逆行を始めた冥王星に続いて、今週から土星、金星、木星が逆行を開始します。

これから本格的な逆行シーズンの始まりです。

その他にも水星と火星が次の星座に移り変わるので、簡潔に日程をまとめると…

5月10日
土星が逆行を開始

5月11日
水星が双子座に移行

5月12日
火星が魚座に移行
金星が逆行開始

5月14日
木星が逆行を開始

5月の3週目は、毎日何かしら動きのあるような忙しい週になっています。

 

Saturn doesn’t ask us to give up our dreams,

only to make them real.

– Steven Forrest

 

今年3月末に水瓶座入りしたばかりの土星が、逆行により7月以降からしばらく山羊座に後戻りします。
これは、過去2年間、山羊座的な土星から学んだ厳しい試練や課題を見直す・復習する機会です。

 

 

山羊座

地エレメント

活動宮 (Cardinal)

支配星 土星

キーワード「I use」

 

 

 

山羊座は「保守的」「制限」「義務」「責任」「現実」「社会」「伝統と歴史」「時間」などを象徴します。

これらのキーワードからして、お堅いイメージがあるかもしれませんが、一つ前の射手座で抱いた夢・希望・理想などを山羊座で現実の世界で実現していきます。しっかりした基盤を築いていくような確実さと実行力が山羊座の担う役割です。ふにゃふにゃしていたら確固たるものは仕上がらないので、堅さが重要なんです。

山羊座の季節は、冬です。
寒さの厳しい時には、藪木や果樹などの無駄な部分を切り落とす「枝打ち」をします。無駄な部分を省いて、栄養を節約し、全体の健康状態を保つようにするためです。

このように、全体を保護する・保存するために、「無駄を省く」「切り落とす」作業は、まさに山羊座的なアプローチのだと思います。

The purpose of pruning is
to improve the quality of the roses,
not to hurt the bush.

– Florence Littauer

今年3月末から現在までの土星の水瓶座移行は、今年12月から3年間先のテーマをお試しする、プレビュー期間でしたが、逆行開始からはもう一度山羊座的な課題へと再注目するような流れになります。

ちなみに、現在、木星と冥王星も山羊座を移行中(そして土星と同時期のタイミングで逆行を開始する)ことから、まだまだ山羊座的な雰囲気は健在です。

それなので、これから今年12月にかけて、「地の時代」の無駄・余分な部分(昔からアップデートされていない価値観、伝統、システム、習慣、しきたり等)を省いていくような時期。
そして、「風の時代」へ完全転換する前に「地の時代」の幕を閉じるような流れだといえます。

 

 

個人的な影響では、ネイタルチャートに位置する山羊座のハウスが重要なテーマになります。

ネイタルチャートの鑑定にご興味のある方は、ぜひ初回星読みセッションにてご予約を承っております。

 

 

MiKA

 

 

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Follow Me

Follow Me

en_CAEN